施設について

朝倉ふるさと美術古墳館の事業内容

 朝倉ふるさと美術古墳館は、郷土の遺跡・遺物の保存と研究、並びに、文化意識の啓発をすることを目的に、平成2年(1990)に設置されました。

 館の事業内容は以下のとおりです。
 1. 文化意識の啓発と文化情報の収集及び提供
 2. 郷土の遺跡・遺物の研究並びに収集保存、伝承
 3. 芸術作品の研究並びに収集保存、伝承

今治市朝倉ふるさと美術古墳館の外観
歴史探検隊 歴史探検隊
歴史探検隊
歴史探検隊

施設概要

 館は、本館と新館とに分かれ、本館は木造2階建てです。
 本館1階は考古資料館になっていて、樹之本(きのもと)古墳や多岐(たき)神社古墳群などの出土遺物が展示されています。
 2階は企画展示室となっていて、各種文化サークルの作品発表の場ともなっています(絵画・工芸・書道・写真など)。テラスからは、来島海峡大橋が遠望できます。
 新館は多目的な利用が可能で、ミニコンサートや講演会が催されたりもします。

構造 木造2階建 旧館
木造1階建 新館
床面積 (1)1階
エントランスホール 50.54平方メートル
考古室 169.67平方メートル
収蔵室 37.60平方メートル
事務室 21.66平方メートル
倉庫 14.44平方メートル
その他 21.66平方メートル

(2)2階
企画展示室1 93.86平方メートル
企画展示室2 43.32平方メートル
学習室 43.32平方メートル
倉庫・準備室 14.44平方メートル

(3)新館
展示室 135.37平方メートル
事務室 32.49平方メートル
収蔵室 21.66平方メートル

計 755.85平方メートル
収蔵品 旧朝倉村の遺跡と古墳から出土した資料。
主な資料としては、銅鏡、銅剣、木簡、土器、装飾品等。
映像システムや地形模型、古墳模型、竪穴住居の模型なども設備しています。

館内平面図

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
無料
休館日
毎週月曜日
(祝日の場合は原則翌日振替)
12月29日から翌年1月3日まで

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

コレクションのご紹介


平型銅剣
(1階 考古室)
<< >>

韓式土器(城ヶ谷古墳)
(1階 考古室)
<< >>

漢式獣帯鏡
(1階 考古室)
<< >>

more collection

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ