施設について

 伯方港や燧灘を望む高台にある伯方ふるさと歴史公園は、かつて存在したとされる木浦城(きのうらじょう)の居館などを想像的に復元しています。
 資料館には、伯方島から出土した土器などの考古資料のほか、塩田や海運業など島の暮らしを物語る歴史民俗資料を展示しています。

伯方ふるさと歴史公園

設置経緯

 中世前期に築城されたとされる木浦城の居館・城門・望楼等を復元するとともに、平成元年にこの高台(山頂)で発見された岩ヶ峰古墳を保存し、ふるさと歴史公園として整備しました。

施設概要

展示室1・2、城紋、望楼があります。駐車場もあります。

収蔵品

伯方島内の遺跡から出土した土器や石器、製塩土器など

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
無料
休館日
毎週月曜日
(祝日の場合は原則翌日振替)
12月29日から翌年1月3日まで

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ