今治城について

今治城とは

関ヶ原の戦いでの戦功により伊予半国20万石を領した藤堂高虎が、瀬戸内海に面した海岸に築いた大規模な平城です。別名吹揚城(ふきあげじょう)ともいいます。

慶長7年(1602)に築城を始め、建造物も含めて完成したのは同13年頃と推測されます。海水が引かれた広大な堀や、城内の港として国内最大級の船入を備えた日本屈指の海城でした。寛永12年(1635)より松平(久松)氏の居城となりました。

明治維新後に建造物のほとんどが取り壊され、内堀と主郭部の石垣を残すのみとなりました。昭和28年(1953)に県指定史跡となり、昭和55年(1980)以降、主郭部跡に天守をはじめとする櫓、門などの再建が進み、雄大な城郭の姿を見せています。

天守と山里櫓の写真
天守と山里櫓

今治城 年表

慶長5年(1600) 藤堂高虎、関ヶ原の戦いで東軍に属する
戦後、伊予半国領主として20万石を領する
慶長7年(1602) 今治城の起工
慶長9年(1604) 今治城の普請(土木工事)完成
慶長13年(1608) この頃、今治城がすべて完成か。高虎、伊勢・伊賀へ転封
高吉が今治2万石の城代となる
寛永12年(1635) 高吉、伊勢へ転封
松平(久松)定房が今治藩3万石の領主になる
寛文5年(1665) 定房、江戸留守居役(江戸城代)となり、関東に1万石の加増(以後、4万石)
延宝4年(1676) 松平定陳、弟定昌に5千石を分け与える
(以後、3万5千石)
元禄11年(1698) 関東5千石と宇摩18カ村を替地
明治2年(1869) 版籍奉還。松平(久松)定法が今治藩知事になる
今治城廃城
明治4年(1871) 廃藩置県。今治藩が廃される
昭和28年(1953) 主郭部跡と内掘が県指定史跡になる
昭和55年(1980) 天守閣・多聞櫓・武具櫓などを再建
昭和60年(1985) 御金櫓再建
平成2年(1990) 山里櫓再建
平成19年(2007) 鉄御門再建

施設案内

天守 藤堂高虎が五重天守を創建したと伝わり、形状は当時最新鋭の層塔型であったと考えられます。高虎の伊賀・伊勢転封と同時に解体されました。現在の天守は昭和55年(1980)に本丸北隅櫓跡に建てられた模擬天守です。
1階 観覧券売場、管理事務所、トイレ
2階 武具・絵図展示
今治藩主甲冑・藩刀匠の刀・槍・薙刀・火縄銃・その他の武具
今治城絵図・調度品
3階 書画展示
今治藩主遺墨・徳川将軍の朱印状・その他の書画
4階 企画展示
5階 写真展示
全国城郭写真・郷土史略年表
6階 展望台
来島海峡大橋・燧灘・石鎚連峰・市街地等を一望
多聞櫓 自然科学館
魚貝類標本・鳥類の剥製・鉱石、その他自然科学資料
御金櫓
(おかねやぐら)
二の丸跡の東隅に立つ二重櫓。昭和60年(1985)に再建されました。
内部は郷土出身作家による現代美術館になっています。
山里櫓
(やまざとやぐら)
二の丸北西隅に立つ二重櫓。平成2年(1990)に再建されました。
内部は武具や古美術品が展示されています。
鉄御門・武具櫓
(くろがねごもん
・ぶぐやぐら)
二の丸の表門。巨大な枡形や付随する多聞櫓によって厳重に守られていました。枡形に侵入した敵兵に対しては、門の上部を含め三方向から攻撃できる構造になっていました。
平成19年(2007)に櫓門や多聞櫓などを忠実に再現復元し、内部を公開しています。

鉄御門の写真
鉄御門

夜間ライトアップ

 照明デザイナーの海藤春樹さんが照明の明るさ、色、角度などをデザインして、約100個の照明を石垣部分や天守に設置。暖色系の色で、城がより立体的に浮かび上がります。また、堀の水面には天守や石垣が映り、幻想的な光景となります。
 ライトアップは毎日、日没30分後に始まり、午後11時までです。
 昼間とは一味違う今治城の姿をご堪能ください。

  • 夜間ライトアップの写真1
  • 夜間ライトアップの写真2
  • 夜間ライトアップの写真3

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:500円 学生:250円
団体割引(20人以上):2割引
休館日
12月29日~12月31日
その他展示替など、運営上必要なとき

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

フォトコレクション

ライトアップ
ライトアップ
武具櫓方面
<< >>
鉄御門
鉄御門
鉄御門(くろがねごもん)の外観
<< >>
今治城遠景
今治城遠景
天守、山里櫓
<< >>

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ