イベント・展覧会

今治城・山里櫓企画展 「庶民派絵師 山本雲渓」

期間:2013年10月1日 〜 2013年12月1日

 江戸時代の後期に、今治で医者を営みながら数多くの絵画や絵馬を描いた山本雲渓(やまもと うんけい)の作品を展示します。
 雲渓の作品には猿の絵が多く、一本一本細かく毛を描いた猿(さる)の姿が特徴的ですが、雁(がん)や虎(とら)など、猿以外の鳥獣も巧みな表現方法で描き分けられています。雲渓の絵には、見る者が自由に入り込める庶民的な楽しさがあります。それ故に親しみを持たれ、時代が変わっても比較的流出することなく、現在でも多くの作品が伝来しています。
 このたびの企画展では、今治城が保管している山本雲渓の作品を選抜して展示します。ぜひご鑑賞ください。

【期間】平成25年10月1日(火)~平成25年12月1日(日)午前9時~午後5時
    期間中無休

【場所】今治城 山里櫓

【料金】今治城の共通観覧券でご覧いただけます。

【展示作品】計10点
掛軸
「松に双鶴図」「富士図」「鳳と撫子の花図」「龍虎図(対幅)」「虎図」「双鳩図」「芦雁図」「芦雁図」「猿図」
屏風
「十二支図屏風」

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:500円 学生:250円
団体割引(20人以上):2割引
休館日
12月29日~12月31日
その他展示替など、運営上必要なとき

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

フォトコレクション


今治城遠景
天守、山里櫓
<< >>

鉄御門
鉄御門(くろがねごもん)の外観
<< >>

ライトアップ
武具櫓方面
<< >>

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ