イベント・展覧会

平成28年度 第2回特別展 『今治藩主 久松松平氏の世界』 開催のお知らせ

期間:2016年10月22日 〜 2016年12月18日

平成28年度 今治城第2回特別展 『今治藩主 久松松平氏の世界』

【会 期】平成28年10月22日(土)~同年12月18日(日) 午前9時~午後5時 期間中無休
【会 場】今治城
【観覧料】(常設展と共通) 一般500円  学生250円
              高校生以下または18歳未満 無料
              団体(20人以上)及び高齢者(65歳以上)2割引

【内 容】
 江戸時代の初期、将軍徳川家の一門である久松(ひさまつ)松平(まつだいら)氏の直系、松平定房(さだふさ)が今治城に入城しました。以後、10代・230年余の長きにわたってこの地域を治めた久松松平氏は、まさに「今治のお殿様」であったといえるでしょう。
 本展では、旧藩主久松家伝来品やその他の資料を通して、久松松平氏の歴史をたどり、江戸時代の大名の生活や、大名を取り巻いていた社会の様子をご紹介いたします。
「お殿様」の足跡を伝える貴重な文化財の数々にご注目ください。

【展示構成】
1.久松松平氏の系譜
2.武具・調度品
3.幕府と朝廷
4.久松松平氏と今治藩をめぐる出来事
5.大名の文芸

【関連企画】
○講演会「四国の大名と久松松平氏」
江戸時代の初期、3代将軍徳川家光治世の寛永12(1635)年に、松山15万石、今治3万石が久松松平氏に与えられ、瀬戸内の中国・四国筋に初めて御家門大名が成立しました。
両家成立の背景を四国や西日本の政治情勢から探ります。
※御家門 …徳川氏一門の家

 日時:11月3日(木・祝)午後2時~4時
 講師:胡 光 氏(愛媛大学法文学部 教授)
 会場:今治城吹揚公園内 寿殿
 定員:先着60名(参加費無料)
 ※事前のお申し込みが必要です。
  10月22日(土)から受付開始
  今治城までお電話(0898‐31‐9233)または直接受付にてお願いいたします。

○学芸員による展示解説
 日時:10月30日(日)、11月27日(日) 午後2時~3時
 ※お申し込みは不要です。ただし、観覧券が必要です。

【主 催】一般財団法人今治文化振興会 今治城
【共 催】今治市・今治市教育委員会

特別展のチラシ(表面)はこちら

特別展のチラシ(裏面)はこちら

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:500円 学生:250円
団体割引(20人以上):2割引
休館日
12月29日~12月31日
その他展示替など、運営上必要なとき

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

フォトコレクション


今治城遠景
天守、山里櫓
<< >>

鉄御門
鉄御門(くろがねごもん)の外観
<< >>

ライトアップ
武具櫓方面
<< >>

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ