イベント・展覧会

生誕百年記念 村上三島展 −調和体の提唱とその軌跡−

期間:2012年8月25日 〜 2012年12月24日

晩年の約10年の間に挑んだ軌跡としての調和体作品128点を展示します。

村上三島(1912-2005)は、本年が生誕100年に当たります。
日本書壇のリーダーとして関西の書道界を率い1985年には日本芸術院会員に、
1998年には文化勲章を受章しました。

生涯、書の革新の先頭に立ち続け、晩年、書の将来を考え、
話し言葉の漢字かな交じり文(調和体)による作品を提唱しました。

「将来日本語の書で楽しい展覧会をひらきたい」との思いを、
普段の漢字・漢文主体ではなく、晩年の約10年の間に挑んだ軌跡としての調和体作品128点を展示します。

好きだった夏目漱石の文章や、郷土愛に満ちたご自身の言葉など、調和体ならではの作品をご鑑賞ください。

チラシ(表)のダウンロード(PDF)

チラシ(裏)のダウンロード(PDF)

ご利用案内

開館時間
午前9時~午後5時
観覧料
一般:500円 学生:250円
団体割引(20人以上):2割引
休館日
毎週月曜日
(祝日の場合は原則翌日振替)
12月29日から翌年1月2日まで

ご利用案内の詳細はこちら

申請書のダウンロードはこちら

多目的ホール

使用時間
午前9時~午後10時
座席数
600席

多目的ホールのご利用案内はこちら

コレクションのご紹介


楷書
村上三島
<< >>

調和体
村上三島
<< >>

行書
村上三島
<< >>

more collection

おすすめサイト

せとうち美術館ネットワーク

SHIMAP〜しまなみ海道観光マップ〜

「私のミュージアム紀行」ぜひご覧ください

雑誌に掲載されました
PDFで閲覧(2.3MB)

ページの先頭へ